FC2ブログ

たいしょうくんの株と日常日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
チーズの値段から未来が見えるチーズの値段から未来が見える
(2008/03/22)
上野 泰也

商品詳細を見る



今回の本は、債権や為替の話が多かったかな

筆者の上野さんは債権を中心としたエコノミストだから当たり前かな


この本にも、インフレとデフレの話が書いてありました。

藤巻さんの著書には、この先はインフレになっていくと予想しておられましたが

この本の上野さんは、インフレは長くは続かないと予想してました。


理由としては、商品には

需要と供給

の関係があるからで

現在のインフレ傾向にあるのは、供給側の事情(食料、原油の高騰)

によるもので

本来のインフレは、需要(大)→供給(小)の場合に起こる。


今の日本経済はデフレ脱却できておらず、少子高齢化が進み

人口の減少が進んでいる為、需要(小)→供給(大)となり

インフレが長続きしないと予想されていました。



私の実生活においても、インフレは困ります。

給料は上がらないのに物の値段が上がる

長期金利も上がれば、住宅ローンの返済額も増える。


しかし、何が起こるか解からない世界経済

インフレに対応できる経済力ぐらい

なんとかしたいものです。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kmky.blog43.fc2.com/tb.php/137-28931af4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。